2014年2月4日火曜日

立春

今日は立春、高尾は雨がしとしと、大地を潤しています。
庭園をぐるりと回ってみると、いろんな植物が春を感じて顔を出し始めているのを見つけたので、少しご紹介します。














言わずもがな、「梅」です。
二輪ほころんでいたうちの一輪です。















「ふきのとう」です。
灯篭の下に咲いていました。














「まんさく」です。
豊年万作という意味のほかに、「まんず咲く!」ということで「まんさく」という名前なのだと庭園スタッフのNさんが教えてくれました。




玄関先にあります「あさぎりそう」です。
このふわふわしたものは花ではなく葉っぱだそうです。
花は夏に咲くのだそうですが、花より葉っぱの方が人気が高いのだそう。たしかにふわふわがかわいいです。

立春のころ虫や動物たちの食べものになる植物が芽をだし始め、雨が降り植物が生長し、そのあとようやく虫や動物が目を覚ます、自然の摂理にはびっくりです。


高尾駒木野庭園 http://www.takaokomaginoteien.jp

0 件のコメント:

コメントを投稿