2018年5月2日水曜日

五月人形 ②

 
喫茶室に展示中の、季節限定の吊るし飾り

市内にお住まいの方の手作りです。
飾りにも一つ一ついわれがあり、調べてみると興味深いですね。


「古代中国では端午の日に薬草で邪気を祓っていたとか。…
菖蒲や蓬は、強い香りと尖った葉の先が、邪気を祓うとされていました。」※1

 
「菖蒲の音読み、ショウブを「尚武」と当てはめ、
男の子が尚猛々しくなって家を継いでいくようにと
願いを込めるようになりました。」※1

「柏餅は江戸時代に生まれた、日本のお菓子。
新芽が出るまで古い葉が落ちない柏の葉で包み、
跡継ぎが絶えないという縁起を担いでいます。」※2

「粽は笹の葉や茅(ちがや)の葉でくるんだもの…
病や災難を祓う葉とされています。」

(※1…しきたり十二か月
※2…しきたり十二ヶ月手帳2018より引用)




高尾駒木野庭園 http://www.takaokomaginoteien.jp

0 件のコメント:

コメントを投稿