12月のシモバシラ



















シモバシラという植物に、大きなしもばしらができています。
これができ始めると、あー冬が来たんだなあ、と感じます。
お昼ごろには消えてしまうので、冬の朝の時間だけの楽しみでもあります。

しもばしらは、茎の中の水分が凍り、茎の外に伸びたものです。
冬が深まるにつれて、しもばしらはどんどん大きくなるものと思っていたのですが、土は乾いていきますから、しもばしらはどんどん小さくなっていきます。
とびきり冷え込んだ朝、そんな、小さいものを朝発見したりすると、ますます縮み上がってしまいます。

シモバシラは、高尾ではよく見られる植物なので、朝早い時間なら高尾登山の途中にも発見できるかもしれません。

高尾駒木野庭園 http://www.takaokomaginoteien.jp

コメント

人気の投稿