2018年8月27日月曜日

夏の工作イベント・後半

夏休みも残りわずか、厳しい残暑が続きますね・・・
さて、最後の工作イベントも終了しました。
鱗粉転写という、本物の蝶の翅を使った標本作成技術を体験していただきました。
使うのは片方の翅だけで、ロウを塗った紙の上に翅を置いて折り畳み、
その上からこすってから広げると、写真のようにチョウが出来上がります。

胴体部分はプリントです
 
 折りたたんだ紙を開いた時に、驚きと感動の声が湧きました。

余分な翅をピンセットで摘み取ります
こちらは押し花を使った栞作りの班の様子 

このような体験をきっかけに子供たちが生物の多様性を知り、私たちの環境に目を向けるようにになっていけば良いなと思います。
暑い中でしたが、皆様のご参加ありがとうございました。材料を準備・提供して下さったグループ多摩虫のメンバーにも感謝です。


高尾駒木野庭園 http://www.takaokomaginoteien.jp

2018年8月14日火曜日

夏の工作イベント

夏休みも後半に突入ですね。
立秋を過ぎたものの、今年は危険なほどの異常な高温のために
厳しい暑さが続いていますので、外出を控える方も多いのではないでしょうか。

さて、駒木野庭園では夏休み工作イベント3件のうち、2件が終了しました。
一つ目は、折り紙で作った夏の風物を貼って作る、絵手紙風のオリジナル暑中お見舞い作りでした。
金魚、朝顔、みんな個性的で素晴らしいです!
子供ならではのアイデアが満載

集中、集中・・・

二つ目は万華鏡作りです。
実はこの竹は庭園で間伐したものを使っているんです


鏡の組み立てから始め、千代紙を貼ったり自然の素材を使ったりして、二つとない素敵な万華鏡が出来上がりました。
アンケートでは「すごく楽しかった」という感想が多く、貴重な体験を提供して下さった講師やサポートスタッフの働きにも感謝です。

来週22日には、本物のチョウのはねを使った鱗粉転写などの工作イベントが行われます。
虫が大好きな講師たちが待っています。大人の参加も大歓迎ですよ!!

残りの貴重な夏休み、体調に気を付けて、楽しい思い出をたくさん作ってくださいね。


高尾駒木野庭園 http://www.takaokomaginoteien.jp