◆◆◆新緑◆◆◆ モミジ、ケヤキ イチョウ 高尾駒木野庭園

みなさんこんにちは。
高尾駒木野庭園の園長です。

本日は、暦上で清明(せいめい)
末候の虹始見(にじはじめてあらわる)

昨日は大雨でしたが、夕方には晴れましたね。
虹を見られた方もいたのではないでしょうか。

『暦便覧』によれば、清明=「清浄明潔」
”万物発して清浄明潔なれば、此芽は何の草としれる也”
陽光が明るく照らし、草花もはっきり鮮やかに見える頃ということですね。

空が青く濃くなって、もう夏の兆しが感じられます。
晴れた日、やむを得ないお出かけの際には、マスクと日焼け対策が必要ですね。
藤棚で、美しい房状の花がと開きました✨(2020年4月19日撮影)

借景の山も、青空を背景にくっきりあざやかです。(2020年4月19日撮影)



さて今回は、
出かけたい気持ちを自粛して頑張っている皆様へ、
庭園のすがすがしい様子をお届けしたく!

植栽の新緑をご紹介します。

新緑のヤマモミジ、パステルグリーンの柔らかい新芽がさわやかです。

葉の間に見える赤い粒は、ヤマモミジの花です。
屋根より高い木には、たくさんの花がついています。

赤枝垂れモミジ 新芽から真っ赤です。夏に少し緑色になります。


デショウジョウモミジ(?) 光に透けてとてもきれいな発色で撮れました。
つぶつぶの花も良く見えるでしょうか。

こちらの小さな芽はイチョウです。小さくても、ちゃんと、あの形。
実寸1CMくらい。

寄贈いただいて常設展示している盆栽、
ケヤキも小さな葉が吹いてきました。

ちなみに、先週は「池の浚渫(しゅんせつ)」を行いました。
浚渫とは、水をすべて抜いて大掃除をすることで、
毎年春に3日間ほどかけて行っています。

池はいつもきれいにしていますが、浚渫後は、
一層透き通って、水底や錦鯉がよく見えます。
まだきれいな池に慣れていないのか、
見えすぎてしまうことが恥ずかしいのか、
鯉たちは隅っこに固まりがちでした。
















明日からは、暦が「穀雨」(こくう)に。
雨の予報も出ていますね。

梅の実が、日に日に大きくなってきています。
雨が降ると、一層緑が濃く、実りは大きくなっていきますね。

庭園の様子をお写真でご紹介するということで、
お出かけできないストレスが一層募ってしまうだろうか…とも思いましたが、
楽しみにしてますよ!というお声もいただいたので、勇気をだしてアップしてみました。

毎日手入れを施してきれいにしている庭園なので、
気候の変化とともに、また見どころをご紹介していきたいと思います。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
高尾駒木野庭園指定管理者:駒木野庭園アーツ
〒193-0841
東京都八王子市裏高尾町268-1
TEL.042-663-3611
FAX.042-663-3621
開園時間:
コロナウイルス感染症拡大防止のため
2020・4/10~5/6の期間は9:00~16:00
旧民家は閉館し、屋外庭園のみ開放しています。
9:00~18:00(4月~8月)
9:00~17:00(9月~10月)
9:00~16:00(11月~3月)

休園日:
12月29日~1月3日(年末年始)
高尾駒木野庭園HPはこちら
フェイスブックページはこちら
ご利用時のマナールールはこちら(PDF)
庭園・和室は時間貸利用が可能です。※庭園行為許可PDF貸室利用PDF
句会・お茶会・打合せなど、お役立てくださいませ。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

コメント

人気の投稿