◆◆◆庭園の小さな生き物◆◆◆  ヤマアカガエル 雨粒 キュウリグサ コハコベ エビネラン オタマジャクシ 


皆さんこんにちは。
高尾駒木野庭園の園長です。

ハスの新芽・ヤマアカガエルのオタマジャクシ・アメンボの陰
今日の午後、高尾では「穀雨(こくう)」の暦通り、
しとしとと雨が降り出しました。

蜘蛛の巣に雨粒がかかっていました。
家主は大変な事態なのでしょうが、とてもきれいです。


晴れ間に見られる、葉の上の水滴
ボタンの葉の上でコロコロ転がっていました。

寒気の影響を受けて、
冷たい風も吹いています。
皆様、あたたかくしてお過ごしでしょうか。


さて、前回は庭園の新緑をご紹介しました。
今回は、足元の小さな生き物たちを取り上げます。

キュウリグサ 

マツバウンラン

コハコベ

カタバミ
ジシバリ

植栽ではなく、自然に生えてきた雑草です。
お住まいの近くで、見かけたことはありますでしょうか。

小さな花が可憐ですが、繁殖力が強くたくましい草です。
麦などの伝来で日本にやってきた「前史帰化植物」なのだそう。
もはや日本の風景になじんでいますね。

美観のために雑草類は取り除くのですが、
花が見ごろのものはしばらく残してあります。



セリバヒエンソウ

ジュニヒトエ (洋種)

もしかしてネコノメソウ?!
エビネラン

山野草もいろいろ開花しています。
ネコノメソウに見えるもの、
北門の足元に生えているのですが、
小さすぎて判断が付きませんでした。





開園してから8回目の春、
地域の風土になじみながら、庭園は豊かに発達しています。

世の中が落ち着いたころ、
来園された方に一層美しい庭園を堪能いただけるよう、
自粛中でも、毎日の維持管理に努めています。


今回の記事が、
自宅でじっと耐えている皆さんへ
少しの癒しになったら、うれしいです。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
高尾駒木野庭園指定管理者:駒木野庭園アーツ
〒193-0841
東京都八王子市裏高尾町268-1
TEL.042-663-3611
FAX.042-663-3621
開園時間:
9:00~18:00(4月~8月)
9:00~17:00(9月~10月)
9:00~16:00(11月~3月)

休園日:
12月29日~1月3日(年末年始)
高尾駒木野庭園HPはこちら
フェイスブックページはこちら
ご利用時のマナールールはこちら(PDF)
庭園・和室は時間貸利用が可能です。※庭園行為許可PDF貸室利用PDF
句会・お茶会・打合せなど、お役立てくださいませ。
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


コメント

人気の投稿