◆◆◆モリアオガエル、姿あらわる◆◆◆ シャクヤク ボタン 高尾駒木野庭園 

みなさんこんにちは。
高尾駒木野庭園の園長です。

「立夏」も半ばとなりました。
七十二節候では「蚯蚓出(みみずいずる)」

昨日は真夏の暑さになりました。
日が差すと、やかれるような刺激がありますね。
しかし、吹いてくる風は爽やかです。

今時期の風は「若葉風」や
「薫風(くんぷう)」なんていいますね。
薫る(かおる)という言葉は、
においだけでなく、「気」などが漂う様子も表します。
みなさんは、大気に、生命力が満ちたような
みずみずしい感じ、お感じになっているでしょうか。

さて、今回は、やっとお目にかかれた
今年のモリアオガエルちゃんをご紹介します。

2020年5月12日撮影!
ヤツデの葉の上で、ぽてっとしたお尻がかわいいです。

どこにいるかわかりますか?
ヒント:真ん中少し上より
まだ1匹だけ。
無事に産卵できることを祈ります。

牡丹開花の記事で、
声だけしていることをお伝えしましたね。
東京都の純絶滅危惧種に指定されているので、
彼らの繁殖池の整備など、日々、保護に努めています。

庭園で観察する際は、「密度」への注意ももちろんですが、
お声等にもご配慮をお願い致します。
今年はなるべくブログでお見せしますので、
遠方の方などは、こちらでお楽しみくださいね。

日差しが強いなかで、
シャクヤク、ボタンも次々に開花しています。
以前の記事でシャクヤクとボタンの違いを取り上げました

ピンクと白のシャクヤク

白シャクヤクは八重咲でふりふり。
みつばちも入りづらそう。
こちらは、ピンクのシャクヤク。

こちらはボタン。
重厚感のある姿です。
牡丹にもミツバチが寄っていきます。

大輪の中で、ミツバチが花粉まみれになりながら
せっせと仕事にいそしんでいました。

なお、こちらを鑑賞する際は「密」だけでなく
飛び回るミツバチにお気を付けください。
顔を近づけると思わぬところから出てくるかもしれません。

引き続き、コロナウイルス第一波の正念場、続いています。
庭園を散歩される際は、暑くても、
なるべくマスクを着用いただきますようお願い致します。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
高尾駒木野庭園指定管理者:駒木野庭園アーツ
〒193-0841
東京都八王子市裏高尾町268-1
TEL.042-663-3611
FAX.042-663-3621
開園時間:
9:00~18:00(4月~8月)
9:00~17:00(9月~10月)
9:00~16:00(11月~3月)

休園日:
12月29日~1月3日(年末年始)
高尾駒木野庭園HPはこちら
フェイスブックページはこちら
ご利用時のマナールールはこちら(PDF)
庭園・和室は時間貸利用が可能です。※庭園行為許可PDF・貸室利用PDF
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
共有

コメント

人気の投稿