◆◆◆萩の花◆◆◆

 萩の花が咲きました。
















蜜を吸うのは、ツバメシジミチョウ。

近くには、カマキリの脱皮した体がひっかかっていました。

夏と秋が混在していて、発見の多い季節です。

さて萩は、
日本最古の和歌集
『万葉集』で、梅をおさえて
最も多く詠まれた花。

山上憶良(やまのうえのおくら)が読んだ
秋の七草の歌は有名ですね。
“萩の花、尾花 葛花、
なでしこの花、をみなへし、
また藤袴、朝顔の花”

春の七草は、お粥の具として食べるものですが、
秋の七草は姿を愛でるもの。

ちなみ、秋の味覚といえば、、
秋の彼岸に食べるのは「おはぎ(御萩)」
春の彼岸では「ぼたもち(牡丹餅)」
同じ和菓子ですが、
名前が季節で変わるのは、ご存知でしょうか。
萩は秋の花の筆頭として、身近になじんでいますね。

庭園にはほかに、
フジバカマとキキョウ(歌では朝顔と。)が。
残暑厳しい折ですが、
ぜひご来園の際は、草花にあらわれた秋の兆し、
ご鑑賞なさってください。

 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
高尾駒木野庭園指定管理者:駒木野庭園アーツ
〒193-0841
東京都八王子市裏高尾町268-1
TEL.042-663-3611
FAX.042-663-3621
開園時間:
9:00~18:00(4月~8月)
9:00~17:00(9月~10月)
9:00~16:00(11月~3月)
当面の間は9:00~16:00

休園日:
12月29日~1月3日(年末年始)
高尾駒木野庭園HPはこちら
公式インスタグラムはこちら
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

コメント

人気の投稿